山鹿市・美容師が語る パーマ・縮毛矯正・ヘアケアの新常識!

パーマ・カラー・縮毛矯正・ダメージケア・髪にまつわる新常識! 髪のプロでしか発信できない髪の知識と情報!

どっちが良い? 悪い?

 

 

パーマやカラーの後に 

サロントリートメントをするのに

傷みが治らない?

 

 

f:id:GOIS:20170812233454j:plain

サロンで買った高級シャンプーと

トリートメント使っているのに

 毛先がばさばさでまとまらない?

 

 

シャンプー解析では

高評価の優しい成分のはずなのに

髪も頭皮の状態も良くない?

 

 f:id:GOIS:20170812233903p:plain

 

 

 濫するシャンプー・トリートメントの情報

 

 何が良くて

どれが悪いのか???

 

 読んでくれてる皆さんも 

こんな感想もったことあるんじゃないですか?

 

 

ど~も~  ゴイス です

 

 

巷には 数え切れないほどの

シャンプーとトリートメント が

たくさんの情報と共に溢れかえってる

 

TVコマーシャルやインターネット上の広告

シャンプー解析・鑑定サイトのシャンプーの評価!

 

内容成分や界面活性剤を分析したりして

鑑定したり 格付けしたりするサイトで


「このシャンプーは洗浄力もマイルドで
 優しいシャンプーなんで満点五つ星!」

 

「こっちのシャンプーは石油系で
 洗浄力の強い界面活性剤を使用していて
 刺激があるので駄目シャンプー!」 

 


てな感じで

内容成分の分析や解析で評価・採点されていて

信憑性があるのか 無いのかよくわからんが

専門用語がたくさん出てきて

とにかくすごい自信だ!

 

このシャンプーは 

石油から合成されてるので駄目なシャンプーです!

オーガニックだから マイルドで安心なシャンプーです!

はたして本当にそうなのか??


一般素人の消費者が見れば 少なからず

誤解を生んでしまうんじゃない?

 

 

ランキングに参加してます

にほんブログ村 美容ブログへ

応援クリックおねがいします(*^^*)

 

 


シャンプー解析サイトや鑑定サイトでは

 

内容成分の判断でだけで

「これは 良いシャンプー!」

「こんなシャンプーは 駄目シャンプー!」

みたいなのがあるが

 

 

その内容成分の 界面活性剤の種類で

アミノ酸系は 優しいから良い

石油系合成(高級アルコール系)シャンプーは

頭皮や髪に刺激が強いので悪い

なぁ~んて こともよく書かれてますけど

 

 

配合量が解らないのに 洗浄成分の種類だけで

良いとか悪いとか 信憑性ゼロですけどぉ~!

って感じです

 

 

例えば

シャンプー解析で 駄目シャンプーの

上位にランクインする

高級アルコール系の

界面活性剤を  とします

 

 

逆に 

肌や髪にも優しい 天然オーガニックが原料の


アミノ酸系界面活性剤を  とします

 

 

界面活性剤の洗浄力を比べてみましょ!

 

の高級アルコール系の 界面活性剤は

とにかく洗浄力が高く 刺激も強い 

洗浄力抜群だから危ない 

ダメダメよ って評価ですね

 


高級アルコール系はしっかりした

洗浄力があるので 刺激もしやすい

しかしキチンと汚れや皮膜を落としてくれる

 

そして  のアミノ酸系界面活性剤は

お肌にも髪にも低刺激で 

安心の成分で洗浄力は低い

マイルドなんで安心安全です 

て評価です  

 

表にしてみるとこんな感じ

     ⇩⇩⇩ 

f:id:GOIS:20170812230703j:plain

危険な高級アルコール系の合成界面活性剤の洗浄力 → 

 

安心・安全なアミノ酸系界面活性剤の洗浄力 → 

 

 

洗浄力だけを比較したら 

こうなります

 

 

この比較だけを見て

 

の界面活性剤を使用しているシャンプーは

 刺激も強く 髪や頭皮に悪い

 

の界面活性剤を使用しているシャンプーは 

 マイルドで髪や頭皮にとても優しい 

 

 

そして

シャンプー解析では 

A の界面活性剤は悪い 星一つ

B の界面活性剤は良い 星五つ

 

って なるんですね~(爆)

 

 

シャンプーの内容成分は

複雑に混ざりあい いろんな

ミックスバランスで作られています

 

単純に 配合されてる

界面活性剤の洗浄力の比較だけで

 

善し悪しが決まるのだろうか?

 

 

 


の界面活性剤を使って

洗浄力を同じくらいのレベルで

きちんと汚れが落ちるような

シャンプーを作るとすると

 

 

 配合量の比較はこんな感じ

   ⇩⇩⇩ 

f:id:GOIS:20170812231648j:plain

 

洗浄力の高い の界面活性剤の使用量は

 少なくても汚れがキッチリ落ちる

 

 

マイルドだけど 洗浄力の弱い


汚れをキッチリ落とすためには

 

当然 の界面活性剤を 

大量に配合しなけれならない

 

 

界面活性剤が

頭皮や髪に良くないという考えで語るなら

 


 洗浄力が強く刺激もあるが配合量が少ない

 

B 低刺激でマイルドと言われていても

  たくさんの量が 配合されていると

 

けっして 安心、安全だとは

言い切れないんじゃないでしょ~かぁ?

 

もしかすると 

のたくさん配合されてるシャンプーより

の少量しか配合されてないシャンプーの方が

 刺激が少ない場合もあるのでは?

 


刺激が少なくても配合量が多い

刺激はあるが配合量は少ない


どっちが良い?悪い?

 

 

 


洗浄力の強い成分を すこぉ~し

 

洗浄力の弱い成分を たぁ~くさん


どちらが マイルドとか

 解りませ~ん(爆)

 

 

 

結局のところ 内容成分の分析だけで

善し悪しを評価しても


その配合量が解らないと

きちんと評価なんて 

できないんです!

 


シャンプーの解析などでは

正確な 配合量も解らないのに

内容成分や 界面活性剤の比較だけで

評価・ランク付けされてますがぁ・・・

 


あなたは信じれますか?

 

 

 

ランキングに参加してます

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

 

関連記事

髪の栄養分ってホント? 

絶賛使用中~! 

クリックすると販売サイトに飛んでいく 

シャンプーの能力を 最大限に引き出す!

ボタニカルって何? 

とっても イメージが良い響き! 

病原体から守ってくれる弱酸性

シャンプーで髪を洗ったその後は?

髪の必要と不必要・・?

2週間持つファンデーションとトリートメント

 光輝く髪の毛!

 諦めない 引き算のケア?

 

 

 

 

 

 

f:id:GOIS:20170412105456j:plain

熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1 
美容室  Red clover