読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~あなたの知らない髪の世界~ blog

現場の美容師が語る髪の毛事情 パーマ・カラー・縮毛矯正・ダメージケア・髪にまつわる新常識 髪のプロでしか発信できない髪の知識と情報!

ヘアカラーは何故染まる?

 

 

f:id:GOIS:20170425215653j:plain

 

 

 

ど~もォ~  GOIS です

 


今やヘアカラーは当たり前で

 

カラーリングしてない人を見つけるのが大変なぐらいの時代です

 

昔は 日本人は黒髪であることを重要視していました

 

明るい茶色の髪は  どちらかと言うと敬遠されがちで

 

不良の始まり的なイメージが強かったと思います

 

しかし 時代が移り変わり 価値観も変わり

 

さまざまな色のヘアカラーをした人々を

 

町で見かけるようになり

 

黒髪はあくまでも地毛の色であり

 

数ある髪の毛の色のひとつという

 

認識になってるんじゃないでしょうか

 

今日はそんな ヘアカラーの仕組みとダメージの話!

 

 

ランキングに参加してます

にほんブログ村 美容ブログへ

応援クリックおねがいします(*^^*)

 

 

一口にヘアカラーと言ってもいろんな種類があり


ファッションカラー(おしゃれ染め)からグレイカラー(白髪染め)まで

 

これまた種類の 多いことっ!

 

では、一般的にカラーの薬剤を髪の毛に塗って髪の内部でなにが起きているのか?

ファッションカラーでもグレーカラーでも基本原理は同じで

自分の髪のメラニン色素をブリーチ剤で脱色して明るくしながら


ヘアカラー剤の色素を入れて髪の内部で発色させる!(赤・青・黄色など)

 

まずこの図 

 

       f:id:GOIS:20170425214047j:plain

 

 

ヘアカラーをする前の髪の毛の中には「メラニン色素」という

人間をはじめ 動物・植物が持つ色素で このメラニン色素が

髪の中にたくさんあるので髪の毛は黒く見える(この状態が黒髪の状態)

 

 

その黒髪にヘアカラーの薬剤をのせると

 

        f:id:GOIS:20170425214238j:plain

 


カラー剤に調合されてる「ブリーチ剤(脱色剤)」

メラニン色素を壊していく

 


そして

メラニン色素が壊されると色素の数が少なくなり

黒色だった髪が茶色くなり明るくなる

 

       f:id:GOIS:20170425214424j:plain

 

 

 


ブリーチしてるのと同時進行でヘアカラー剤に

調合されていた染料が化学反応を起こし

新しい色素が髪の内部で発色していく

 

        f:id:GOIS:20170425214544j:plain

 


キチンと色が発色したら シャンプ~ぅ!

残留オキシとアルカリの処理して終了~。


っていうのがへアカラーで髪が明るくなって希望色に染まる仕組みです

 

 


ヘアカラー剤の中には ブリーチ剤(脱色) と 色素(染料)が


入っていて この2つが髪の中で黒い部分を脱色しながら


希望した色の染料が髪の内部で発色して髪の毛を明るく染めてるんです

 

 

ダメージの原因となるのはなに?


ヘアカラーでヘアダメージに直結するのは


ブリーチ(脱色)が入ってるって事です

 

ブリーチ剤で髪のメラニン色素を破壊する


自分の髪のパーツを壊すので、当然ダメージがある

 

実際、髪の毛を明るくするようなヘアカラー剤には


必ずブリーチ剤が入っていて 脱色して髪を明るくしてるんです

 

茶色の明るい染料で、黒髪の上から


染めて明るくなっているのではなく

 

脱色して、黒の色素を破壊して

 

髪を明るくして 求める色の染料が発色しているだけです

 

 

 

カラー後に、数日時間が立つと少しずつ

 

カラーの色素が髪から抜けていきます

 

褪色といいますが褪色すると染まっていた色味はなくなりますが

 

髪の毛は明るい茶色のままですよね!

 

この茶色が、自分のメラニン色素を削った色で

 

元の黒には戻りません(ずぅ~っと茶色!)

 

 

 

 

アルカリ酸化染料と呼ばれるヘアカラー剤には


たいして明るく染まらない白髪染めなどでも


ブリーチ剤は必ず入ってます

 

そして 壊したメラニン色素は 再生も修復もされることありません

 

 


ヘアカラーでの髪のダメージは

このブリーチ(脱色)がほぼ原因!!

 

 

ヘアカラーは根本が伸びると

 

次のカラーリングの時期が来ますが


このブリーチ(脱色)を

 

美容師にしっかりコントロールしてもらうのが

 

ヘアカラーでダメージを最小限に抑えるポイントです

 

 

 

たくさんの種類のヘアカラー剤があり


『ダメージレスで 髪に優しい』などの


まるで ダメージがないようなイメージの商品でも


自分の黒髪が少しでも明るくなるヘアカラーは


必ずブリーチ剤が配合されています!

 

  • ダメージレスでも
  • 髪に優しくても
  • 栄養成分配合でも


ダメージはあります!(爆)

 

自分のメラニンを削る以上

髪を傷めない理屈は見あたりません

 

 

 

ドラッグストアに並んでる

 

ホームカラーの商品も

 

多種多様で同じように


『ダメージレスや髪に優しい』

『簡単しで しっかり染まる』

 

などのキャッチコピーで販売されてますが

 


また、このホームカラーが 

更にダメージを進ませる結果に・・・(ToT) 

 

 

 

にほんブログ村 美容ブログへ

応援クリックおねがいします(*^^*)

 

 

関連記事

黒染めのデメリット 黒染めで髪が傷む?

お手軽ホームカラー! 

緑がかった色・・・なぜ? 

ホームカラーは本当にお手軽か?? 

カラーリングとヘアアイロン? 

罠が張り巡らされてた!

増えないでほしい白髪 

ホームカラーによる魔の手!

髪の毛は減点されて傷んいく・・減点法 

ダメージへの別れ道 ヘアカラー編 

ヘアカラーで一番だいじなのは?

ホームカラーが髪を苦しめる 

 

 

f:id:GOIS:20170412105456j:plain

熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1 
美容室  Red clover