~もっと知りたい髪の世界~ blog

現場の美容師が語る髪の毛事情 パーマ・カラー・縮毛矯正・ダメージケア・髪にまつわる新常識 髪のプロでしか発信できない髪の知識と情報!

髪にとっての大きなメリット!

   f:id:GOIS:20170221222307j:plain

 

ホームカラーか?    サロンカラーか?


 あなたはどっち?

 

美容師をしていると 「家で染めたら髪が傷んだ….」 

 

なんて声は よ~く聞きます  では なぜ傷むのか?

 


こんばんは~ 今日も GOIS です

 

 

 


前から書いてますが  ホームカラーは髪を傷めます!

 

 

 

ランキングに参加してます

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
応援クリックお願いします\(^o^)/

 

 

 

ホームカラーで髪の毛が痛む理由

 


まず薬剤のパワーのコントロールができず強すぎる

ホームカラー剤は

どんな髪質の方が使用するのか解らないので(陳列棚の商品を消費者が選ぶ為)

薬のパワーを強めに設定してある物がほとんです

 

髪質に合わせて 

プロである美容師がセレクトするサロンカラーとは違い

軟毛だろうと硬毛どろうと ダメージのある毛先

ダメージのない根元など 関係なしで 

全ての髪質をひとまとめに考えどんな髪の毛でも染められるように

パワーを強めにしてあります

 

 

美容師の立場からするとそんなホームカラーは恐ろしいもので

パワーが強いカラー剤が必要なのは

新しく生えた根元だけであり

根元以外の一度染めた部分はカラー剤のパワーを弱くして

カラー剤が髪に与える負担を最小限に抑えるように

通常はコントロールします

 

ホームカラーは髪の状態なんか関係なしで 

基本的にどの部位にも染まるように

薬剤の力が強く設定してあるので

それが痛みの原因になることが多々あります


ホームカラーで染めるというのは

過剰にパワーの強いカラー剤で染めて

髪の体力を著しく減らします!

 

 

薬剤の塗り分けが出来ない

さっき書いた事と類似する部分がありますが

先述の通り 美容師は根元と毛先で薬剤を変えたて

ダメージコントロールを行ったりします

 

ホームカラーの場合だと

新しく伸びてきた根元だけを染めるなどは

かなり難易度が高いでしょう

そのため結果全体に薬を伸ばしてしまう 

きちんとした薬剤の塗り分けはほぼ不可能です

最強パワーのカラー剤で毛先まで塗布!

傷むのも必然です

 

 

適切な放置時間の判断が出来ない

美容師はカラー剤や元の髪色や髪質によって

放置時間の設定を変えます

 

暖色系・寒色系など色味によっても変わるし

根本や毛先によって違う場合があります

むやみに塗布している時間が長すぎるのも傷む理由の一つです


薬剤のパワー


塗布のテクニック・塗りムラ


適切な放置時間


これが ヘアカラーにとって大事な事で

ダメージを左右する大きなポイントです

 

手軽で簡単そうなイメージを打ち出して

販売促進に力を入れるホームカラーですが

実は カラーリングは とても奥が深く

プロの技術を必要とするものなんです

 

  f:id:GOIS:20170221222955j:plain

 

 

     サロンでプロに染めてもらう事は

    髪にとっても大きなメリットがあります(爆)

 

   f:id:GOIS:20170221223245j:plain

   

 

 

いかがでしたか?

ホームカラーで 

髪がよけいなダメージを受けないように願ってます!

 

 

 

関連記事

ホームカラーは本当にお手軽か?? 

カラーリングとヘアアイロン? 

罠が張り巡らされてた!

増えないでほしい白髪 

ホームカラーによる魔の手!

髪の毛は減点されて傷んいく・・減点法 

ダメージへの別れ道 ヘアカラー編 

ヘアカラーで一番だいじなのは?

ホームカラーが髪を苦しめる -

知ってほしい ヘアカラーの仕組みとダメージ!

f:id:GOIS:20170412105456j:plain

熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1 
美容室  Red clover