~もっと知りたい髪の世界~ blog

現場の美容師が語る髪の毛事情 パーマ・カラー・縮毛矯正・ダメージケア・髪にまつわる新常識 髪のプロでしか発信できない髪の知識と情報!

後処理が重要!!

美容室で使う カラーやパーマ 縮毛矯正などの薬剤!

 

         f:id:GOIS:20170202203901j:plain

これらはヘアスタイルを作るうえで必要なものですが

 

髪にとってはダメージの原因ともなります

 

私達美容師も 髪のダメージに繋がる事は認識しています


だから お客さんに薬剤を使用する時は

 

いろいろなことに気をつけて 

 

髪にかかる負担をできるだけ少なくすることが大切です

 

 

こんばんは~  GOIS です

 

髪にかかる負担を少なくすることのひとつが

 

薬剤残の残留をなくすこと

 

 

パーマ・カラー・縮毛矯正など薬剤を使用するんメニューは


薬剤が髪の中に残りやすく 施術の最後にキチンと処理しないで

 

ほっとけば2~3週間くらい平気で残留しちゃうんですよ~


残留したままだと 少しずつ髪を傷めてしまい

 

そのうち ゴワつきパサつきが出だして

 

まとまりづらくなっちゃいます

 


せっかくのパーマや縮毛矯正がもったいない事に・・・!?

 

一度目 二度目と 繰り返すうちに

 

最初は気づかなかったダメージが進行して

 

その後の髪にも ず~っと影響しちゃう

 

髪は一度い傷むと元に戻らない!

 

 

だから うちの店では薬剤残留を防ぐために

 しっかり除去することに 力を入れてます

 

 

にほんブログ村 美容ブログへ
クリックお願いします

 

 


前の記事でも取り上げましたが

 

見えないアルカリを除去する!(1) 

 

見えないアルカリを除去する!(2) 

 

 DO-Sアシッド

カラーもパーマも、アルカリ剤を使用します(酸性の薬以外)

 

このアルカリが髪に残ると

 

カラーの褪色が早くなったり パーマのダレに繋がったり

 

手触りは パサつき ゴワつき が出やすくなります

 


施術時には アルカリは必要なんだけど

 

終わってしまえば髪にとって有害なもの(爆)

 


この目に見えないアルカリを除去してくれ

 

髪の毛を弱酸性までもどし PHを整えてくれます

 

           f:id:GOIS:20170202203252j:plain

 


次に

 DO-S オキシゼロ

カラーもパーマも縮毛矯正も オキシ(過酸化水素)を使いますが

 

反応式ではオキシは反応が終わると水になる

 

しかし未反応のままで 水にならなかっかオキシは

 

そのまま残留オキシとして髪に残る言われてます

 

なおかつアルカリよりも髪を傷めるとも言われてる


なので オキシゼロで除去します
 

           f:id:GOIS:20170202203340j:plain

 

 

 


施術の最後に 役割が終わった残留薬剤を

 きれいに掃除して髪に残さないって事!

 

 

 

このアシッドとオキシゼロを使用したからといって

パーマやカラーの仕上がりが良くなる!?

 

 

     なあ~んて事は 一切ゴザイマセン!

 

してもしなくても仕上がり自体は 

 

  同じぃ~!(爆)

 

 

 

しかし  1週間 1か月 2か月・・ 

 

その後の髪の状態は違ってきます

 

 

 

余計なダメージ原因を髪に残さない


髪のダメージを減らすために!

 

 

関連記事

見えないアルカリを除去する!(2) 

見えないアルカリを除去する!(1) 

縮毛矯正毛への パーマ施術 

縮毛矯正薬剤(2)

縮毛矯正薬剤(1)

膨潤をコントロールする 

 パーマや縮毛矯正で 基本的に起きる現象はこれ!

アルカリ・ph・アルカリ度・ml 

パーマの還元剤 pkaってなに??

還元剤とアルカリの関係! 

パーマや縮毛矯正の酸化剤 

パーマにおける 還元剤の種類と特徴 

肉眼には見えないけれど 髪の中では??

f:id:GOIS:20170412105456j:plain

熊本県山鹿市鹿本町梶屋872-1 
美容室  Red clover