読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~あなたの知らない髪の世界~ blog

現場の美容師が語る髪の毛事情 パーマ・カラー・縮毛矯正・ダメージケア・髪にまつわる新常識 髪のプロでしか発信できない髪の知識と情報!

髪色から始めよう

ヘアカラーがあたりまえになった現代社会

 

街中でヘアカラーをやってない人を探すのが難しいくらいです


日本やするアジアでは黒髪が基本的

 

しかし世界中にはブロンドや栗色

 

いろんな髪色が存在します

 

ヘアカラーでは無く その人が元々持ってる髪の色

 

同じ黒色の髪でも人により

 

微妙な違いがあったりします

 

髪の色はどのようにして決まるのか?

 

こんばんは~ 今日も GOIS です

 

ヘアカラーをしてない髪の色の話!

 

 

20161209232823

応援クリックお願いしいます

 

 

2種類のメラニン色素


人間の髪の色は「メラニン色素」によるものです

 

メラニン色素は2種類あり

 

1つは 黒~こげ茶色の「ユーメラニン」と呼ばれるものと


そしてもう1つが 薄い赤茶色~黄色の「フェオメラニン」と呼ばれるもの

 

この2種類のメラニン色素が合わさりに

 

ユーメラニンとフェオメラニンのミックスバランス

 

よって髪の色が作られます

 


例えば 日本人をはじめアジアの人々の黒髪は

 

ほぼ ユーメラニンで フェオメラニンはごくわずかです

 

しかし日本人でも 体質的にその量が変わると

 

外国人のように栗色の髪を持って生まれる人もいます


ダークブラウンと呼ばれるこげ茶色の髪は

 

ユーメラニンが多くてフェオメラニンが少ない髪の色です


もっと明るいブラウンになると 

 

ユーメラニンの比率がさらに減ります


つまりユーメラニンとフェオメラニンの

 

配合の比率で色が 黒髪・ブラウン・ブロンド などになります

 

一人一人で配合比率がちがうので

 

微妙に色が違います

 

f:id:GOIS:20170122175751j:plainf:id:GOIS:20170122180124j:plain

 

 

     

 

 

金髪は両方のメラニン色素が少ない髪のいろで

 

赤毛と呼ばれる髪色は

 

ユーメラニンが少なくて

 

フェオメラニンが多いと赤毛になります

 

金髪と赤毛は世界的にも少数でまれな部類の髪の毛です

 

f:id:GOIS:20170122180433j:plain    f:id:GOIS:20170122180237j:plain

 

 


日本人は 欧米人はブロンドヘアーのイメージを持ちますが

 

完全なブロンドは世界人口の1~2パーセントだといわれています

 

これは金髪が劣性遺伝であることと関係していて

 

むしろ他の色が微妙に混ざったブロンドのほうが多いため

 

ブリーチなどできれいな金髪にしている人もたくさんいます

 

 

 

 

 

ユーメラニンは壊れやすい


メラニン色素の比率によって決まる髪色ですが

 

 ユーメラニンの方が壊れやすく

 

フェオメラニンのほうが安定していて

 

壊れにくい性質があります

 

日本人がヘアカラーをした後に

 

時間の経過で黒い色が抜けて赤っぽくなったりするのも

 

ユーメラニンが壊れやすいためだと考えられます

 

またヘアアイロンなどを繰り返し使ううちに赤茶けた色になるのも

 

ユーメラニンが壊れる事で起きるものといえます

 

ユーメラニンよりフェオメラニンの方が強く

 

ブリーチなどでも壊れにくい

 

金髪になるのもフェオメラニンが残るからなんです

 

加齢による髪の色の変化

 

加齢による髪の色の変化で白髪になる場合は

 

ユーメラニンもフェオメラニンも

 

まったく含まれていないと白髪となります

 

加齢が原因で

 

メラニンを作っているメラノサイトが

 

メラノサイトを生み出す幹細胞が死んでしまい

 

メラニンの生産が中止され 色素なしで

 

新しい髪が伸びることで白髪になります

 

 

 

まとめ

 

髪の毛の色は「メラニン色素」で作られており


メラニン色素には ユーメラニンとフェオメラニンがあり

 

ユーメラニンとフェオメラニンの配合の比率で髪の毛の色が決まる

 

 



ヘアカラーで髪を明るくしたり ブリーチなどをすると

 

ユーメラニンはすぐ分解されるが フェオメラニンの方は

 

分解されにくく残りやすい

 

オレンジっぽく脱色されたり 金髪なんかは

 

フェオメラニンが残ることで出てくる色なんです

 

 

 

 

 

白髪はメラノサイトを生み出す

 

幹細胞の死により毛髪は白髪に変化し始める

 

メラノサイトがメラニンを作れなくなる為

 

 

 

 

体調や病気などによる髪の色との関係 

喫煙者は非喫煙者に比べて

4倍近く若年性の白髪になる確率が高いと言われる

 

体の病気と髪の毛は密接に関係してる事があり

 栄養失調などでメラニンが生産不足になり

 濃い色の髪が赤毛や金髪になったり 髪自体も細くなることもある

 

 先天性の病気によりメラニンの生合成をつかさどる遺伝子が欠損し

全身にメラニンの欠乏が起きて 肌は白く 

髪の毛は銀髪または 金髪であったりする人もいる

 

おしまい

 

関連記事 

増えないでほしい白髪 

冒険してみたいヘアカラー 

知ってほしい ヘアカラーの仕組みとダメージ!