読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~あなたの知らない髪の世界~ blog

現場の美容師が語る髪の毛事情 パーマ・カラー・縮毛矯正・ダメージケア・髪にまつわる新常識 髪のプロでしか発信できない髪の知識と情報!

増えないでほしい白髪

白髪が増えるのはだいたい30代くらいからチラホラ見えだし

40代になってくると少しずつ増えていく

もちろん増え方は人それぞれ十人十色です

がなぜ白髪になるか?

年齢的なものとして認識されていますが

医学的に解明できていない部分が多く

予防も難しいのが現状です

 

こんばんは~ GOIS です

増えないでほしい白髪のお話

 

 

ランキングに参加してます

20161209232823

応援クリックお願いしいます

 

 

白髪ができるメカニズム

白髪とは 年を重ねて色素細胞の働きが衰えて

毛髪の色素が作られなくなり色が付かなくなります

毛根部分には髪の色となるメラニン色素を生成する

「メラノサイト」と呼ばれる部分があり

そこでメラニン色素を生成して髪に色をつけてるんです

加齢や病気などで メラノサイトが少しずつ減ることで

メラニン色素も減少し髪の色素が薄くなり白髪になっていきます

 

白髪になる原因について

遺伝

解明されていない部分が多いのですが

あらかじめ遺伝子に 

この髪の毛のメラノサイトは

何歳ごろで 働かなくなくなるか

プログラミングされてるようなもので

これによって色素が作られなくなります

白髪になりやすい なりにくいなど 

人によって遺伝的な要素を持ってます

 

外部要因

紫外線や食生活 ストレス などが考えられます


紫外線は DNAを損傷させる原因のひとつとされていて

紫外線がメラノサイトに悪影響を与え 白髪に繋がる可能性があります


食生活は 過度な偏食 ダイエットなどで

ビタミン・ミネラル・良質なタンパク質の不足が

内臓の働きを衰えさせ 血流量が減少したりすると

白髪の要因になったりします

白髪だけでなく 体が健康であることが一番大事ですね


ストレスや精神的なものは

「苦労すると白髪が増える」とか言いますよね

ストレスと髪の毛の関係はあります

身体にストレスがかかると 毛細血管が収縮してしまうため

毛母細胞の働きが弱まる結果になります

 

白髪の決定的な予防法は 

今現在 残念ながら「これが確実」なんてもんはありません

バランスよく食事をとり 全身の血行をよくするように

運動したり 自分の好きなことをいろいろ楽しみ

ストレスを発散して白髪の予防に繋げましょう

 

    f:id:GOIS:20170112223316j:plain

 

 

 


根本的に治療する方法などはまだ無い白髪ですが

2009年に白髪の仕組みについて解明したと

研究機関が成果を発表したものがあるので

載せておきますね・・・

 白髪の原因は「色素幹細胞」の枯渇

白髪の難しいはなし。。。 | ヘッドスパ 空中庭園 マチュピチュ 

以下引用 

東京医科歯科大学・難治疾患研究所・幹細胞医学分野の西村栄美らの研究グループが、白髪になる仕組みを解明した。と

アメリカの国際科学誌 Cell(セル)に2009年6月12日付けで掲載発表しました。

発表によると・・・

マウスによる実験で、黒髪の色素(メラニン色素)を作る『色素幹細胞』がDNAの損傷を修復できずに「自己複製」しないで

すべて「 ※ 分化 」することが分かったとのこと。   ※それぞれの細胞が役割に見合う機能を身につけていくこと

その結果、色素幹細胞が枯渇して色素を作る細胞がなくなり、白髪になるそうです。。。 (難しい``)

この白髪になる仕組みは初めて解明されました。

 

幹細胞はすべての細胞のもとになる細胞で、自分自身を無限に複製できる能力(自己複製)と、

特殊な機能を持つ細胞へと分化する能力(多分化)を持っています。

毛嚢にある色素幹細胞は自己複製できるだけでなく、メラニン色素を作る色素細胞(メラニン細胞)へと分化することも出来ます。

毛髪の成長期には、色素細胞はメラニンを生成し続けます。色素細胞は複製される為、黒髪は持続します。

白髪は色素幹細胞が紫外線などの影響でDNAが損傷を受けることが原因で発生します。

DNAの損傷を修復できないと判断すると、自己複製能力が失われ、すべて色素細胞に分化してしまいます。

色素細胞は、毛髪の成長期にはメラニンを生成し続けます。しかし色素幹細胞が複製出来ないため、その数は減少します。

次に続く色素細胞がなくなっていく事で、白髪が増えるというわけです。。。

  

 

 

関連記事

ハナヘナを白髪染めとして使う 

100%自然なもの ハナヘナ