山鹿市・美容師が語る パーマ・縮毛矯正・ヘアケアの新常識!

パーマ・カラー・縮毛矯正・ダメージケア・髪にまつわる新常識! 髪のプロでしか発信できない髪の知識と情報!

クーポン割引と落とし穴!

 

 

ネットなんかで 美容室も検索すると

 

ほぼ 上位に検索されるクーポンサイト!

 

皆さんも 一度は見たことあるしょ~!

 

全国で3万件くらいの美容室が登録してて


年間3100万件の予約に使われているらしいですなぁ

 

 

 

こんばんは~ GOIS です

 

 

 

 

 

にほんブログ村 美容ブログへ
応援お願いします

 

 

 

 

 毎日新聞の記事から

美容室クーポンに落とし穴 きれい求め客「難民」に

 

「ヘッドスパも付くし、今回はここでいいかな」。

東京都の会社員、Mさん(41)は就寝前に、スマートフォンで美容室を探すのが

習慣だ。

値引きやサービスなどクーポンの内容を比較して目星を付け

思い立った時にサイト上で空き状況をチェックし予約する。

 一見、客と店が効率的につながり満足度は高そうだが

迷いや誤算の連続だ。画面のうたい文句に誘われ

「もっときれいになれるかも」と美容室を渡り歩く女性らは「難民」とも呼ばれる。

値引き合戦は店の経営を危うくし業界を疲弊させる。

全国で毎年3000店前後増えるという過当競争の裏側で、

クーポンの落とし穴が広がる。

 Mさんは自分に合う美容師を探して店を転々としたが、

2年たっても見つからず諦めた。

「初対面でも細かく注文すれば技術の差は感じない。予約しやすさの方が重要だ」

サイトは本来、相性の良い美容師を見つけ常連になってもらう「呼び水」のはずだが

使われ方は狙いと食い違う。

 

 サイトの代表格はフリーペーパーから衣替えしたリクルートグループの「ホットペッパービューティー」だ。

クーポンを使えば、都心でも平日ならカラーリングやトリートメント込みのカット代が通常の半額程度、1万円でおつりが来るのが一般的。

マッサージ効果がある「炭酸泉ヘッドスパ」などが付く店もある。

 

 ホットペッパーは2012年から美容室に無料アプリを提供し、24時間予約できる機能を強化した。

予約は年間3100万件、登録美容室は首都圏を中心に約3万店に上る。

電話応対なく自動で入る予約は「はさみを置く必要もない。スタッフが少ない店には不可欠だ」と東京・銀座の美容室店長は話す。

 だが常連客につながりにくいと分かってくると

「クーポン客には安価なカラー剤を使うなど採算の帳尻合わせをする店も増えてきた」(目黒の男性美容師)との指摘も。

2回目以降の特典をうたう店まで登場し、行き着く先は見えない。

美容室は全国で約24万店とされ、5万店超のコンビニの約4倍で飽和状態といえる。

 

 「美容師はそもそも何度か担当し、髪質や頭の形など特徴をつかんで似合うスタイルに近づけていく。客も店も一度立ち止まって考えるべき時期だ」

と麻布の男性美容師は言う。満足への入り口は案外、足元にあるのかもしれない。

 <毎日新聞の記事より

 http://mainichi.jp/articles/20161004/ddl/k36/020/611000c#csidxceb1654e1467c7f91e687f0ce2bcc1b> 

 

 

 

 

北海道 室蘭 登別 美容室 HairMake BaoBab バサバサぼさぼさ髪より ☆キラキラ髪に♪ブログ♪さんのブログより抜粋

 

abura199.blog.fc2.com

 

割引クーポン美容室 って、、どうなの?


『 割引の客には、安い薬剤つかう 』 とか


生々しい 証言入りの記事・・・


地元の民報新聞で 記事になってましたね

 

それぐらい 社会問題なんでしょうけど

 


割引クーポン美容室で 髪が傷んだり

 

だんだん どうしようもない髪に なっちゃうのは

 


美容師からしたら 当たり前のこと だと思います。

 


割引を求めて あっちこっちの ちがう美容室で

 

あっちの店 こっちの店で ちがう美容室技術を受けてたら

 


ちがうこと ちがうやり方  


ちがう考え方 ちがう技術 の 

 

積み重ねられる 髪・・・

 

『髪の履歴』 が

 

もう~メチャクチャに なるからです。

 


美容室の技術に 『ちがい』があるのは

 

だれでも なんとな~くでも わかると思うのですが!?

 

 

 

 割引クーポンを店側から見ると

 

低価格化のため薄利多売になる

 

1人のお客さんにかけられる時間が限られて回転重視になる
 
技術クオリティーがさがり低品質になりやすい
 
コミュニケーション不足になりやすい
 
そもそも割引クーポンの料金が目当てなんで
 
再来店になりにくく再来店の為の割引特典なども必要になりがち
 
クーポン客より正規の料金を頂いてる常連さんや紹介客を大切にしたい


 

結果から言うと

  誰にもメリットがないんじゃネェ~?