読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~あなたの知らない髪の世界~ blog

現場の美容師が語る髪の毛事情 パーマ・カラー・縮毛矯正・ダメージケア・髪にまつわる新常識 髪のプロでしか発信できない髪の知識と情報!

オーガニックのイメージ戦略!

 

皆さん 「オーガニック」と聞くとどんなイメージ?

 

低刺激・優しい・安心・安全  など

 

とっても イメージが良い 響きですよね!

 

美容業界には様々な商品がありますが

 

その中でも消費者ウケするのがオーガニックと名の付く商品です

 

オーガニックと聞くと天然素材って思われがちですが

 

みなさんの勘違いで全く関係にんですぅ~

 

こんばんは~ いつもの ゴイス です

 

 

 

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
応援クリックお願いします\(^o^)/

 

オーガニックって・・・何?

 

肌に優しいと思っている方も多い思いますが

 

その反対で 天然の成分を使用した方が

 

肌へのリスクが上がっちゃうんです

 

ほとんどに人が 天然で肌に優しいっていうイメージですよね  

 

普通そうです

 

しかし これって何の根拠もないんです!

 

 

そもそもオーガニックとは有機栽培のことであり

 

もともとは 有機農法といって科学肥料を使用しない栽培方法で

 

天然で自然な物と言う意味ではございません

 

 

  オーガニック = 天然由来で肌に優しい

 

なんで そんなイメージになってしまったのか?

 

 

オーガニックの安全性?


欧米なんかでハーブや野菜を有機栽培(オーガニック)する事で

 

農薬や化学肥料を使うよりも安全で環境や人間にやさしいということで

 

進められてます

 

デメリットとして有機栽培した作物は手間がかかり

 

野菜などでも価格が跳ね上がりやすいデメリットがあります

 

食べる物に関すると 有機栽培した物の方が安全性が高く

 

安心と言うことですね

 

 

 

 オーガニックコスメはどう?

 

最近は自然志向の人が増えてオーガニック商品も多くみかけますが

 

一実はオーガニックだから肌優しという根拠はどこにもないんです

 

むしろオーガニックの方がトラブルが・・・!

 

 

確かに「オーガニック」とは地球環境や人間の食品としての安全性は高いと思います

 

しかしそれは人が食べる物の話であって

 

肌に付ける物が天然成分だからトラブルが無いという事にはならないんです

 

例えば

 

うるしなんかは触っただけでも肌が荒れますよね

 

ひどい人になるとかぶれたりします 天然の物なのに何で?

 

他には 杉花粉やイネ花粉など

 

これもアレルギー(感作性)の人だと反応しますね?

 

多く配合すれば多く配合するほどアレルギーリスクが高まります

 

天然の物でもこういったトラブルがあるのは理解できると思います

 

 

日本でのオーガニックコスメは


特別な認証などがある訳ではなく



作ったメーカーが

 

オーガニックだといえばオーガニックコスメ なんです~

 

 

オーガニックっぽいエッセンシャルオイルを

一滴垂らしただけのコスメ商品でも

「オーガニックのコスメです~~」と言って販売できちゃいます

 

 

オーガニック認証

これはオーガニック認定組織みたいなのがあり


基準に見合った有機栽培が行われた植物に対しての認定みたいです

 

認証を受けているのは配合されているエキスの元になる植物なんです

 




もちろん、

本当にオーガニックと言える化粧品もあるにはある


「植物エキス」や「植物油」を有機栽培して厳しい基準をクリアして

認証機関で「オーガニック認証」を受けると

オーガニックコスメとの認定が付きます

 

 

 

オーガニックが肌に優しい理由

 

オーガニック=髪や肌に優しい・安全!


と思っている人が多い理由は


なんとな~く化学合成物質が身体に悪い

 

と思っている人がいるからでしょう



オーガニック だから 肌に優しい理由なんてありません

 

単純にイメージ戦略  付加価値です

 

 

美容製品は本当にたくさんありどれがどれか全くわからない状況です

 

他の商品と差別化するために 健康志向な社会に合わせて

 

オーガニック商品が出来あがり

 

販売の為に付加価値とイメージ戦略をしてるんです

 

 合成物質は肌に悪い

天然の物じゃないと肌にトラブルが起きるよ~ってね

 

 

合成物質は危険ではありません

 

 

理由は合成物質は構造を組み替えて

危険なものを取り除き

人工的にではありますが安全性を高めて商品を開発してます





逆に、


天然物質でも危険性は否定できません



天然物、特に植物には根本的に毒素を持っていて

科学的に手を加えないためにその毒素もそのまま配合される


その為にエッセンシャルオイルなどは基本的に配合量を

 

少量におさえて毒素が悪さしないようにしてます


多くのエッセンシャルオイルに皮膚刺激があるようです

油に関しても 合成油脂は酸化の心配がほとんどないんですが

天然油脂はほとんどが酸化耐性が低いです


オーガニックだから肌に優しいっていうイメージが

 

一人歩きしてしまっているんです

 

 オーガニックは肌に優しいのではなく自然に優しい物で

 

オーガニックコスメは効果や安全性は低いという結論です・・・

 

にほんブログ村 美容ブログへ
応援クリックお願いします