読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~あなたの知らない髪の世界~ blog

現場の美容師が語る髪の毛事情 パーマ・カラー・縮毛矯正・ダメージケア・髪にまつわる新常識 髪のプロでしか発信できない髪の知識と情報!

パーマの耐久性!

 

 

リバース・リアクション と呼ばれる新しい方法 1 

 

リバース・リアクションと呼ばれる新しい方法 2

と 続きましたが

 

今日はこの リバース・リアクション の耐久性の比較実験!

 

こんばんは ゴイス です

 

今日も一般の人には ???かも 

  

意味わからんとこは スル~!

 

にほんブログ村 美容ブログへ
応援クリックお願いします(^o^)

 

 

 

リバース・リアクションの耐久性

 

実は この比較実験をもともとやりたかったんです

 

 

 KSSK + RSH ⇄ KSSR + KSH  (1)

KSSR + RSH ⇄ RSSR + KSH  (2)

 

 

酸化剤を活用して酸化剤の逆反応をお越し

 

パーマのダメージに原因になるものをできるだけ少なくし

 

余分なモノを削除して SSの再結合率を上げる

 

結果として ダメージを少なくしてパーマの持ちも良くなるって事です

 

 

今日は この上の文の SSの再結合率を上げる ここの比較実験!

 

 

 

 

まず

 

A

1液 

チオグリコール酸ナトリウム6%    PH8.5 アルカリ度3.7mL 

 

写真の左側2本が

還元終了後 ブロム酸6%で5分+5分の酸化

 

写真の右側2本が

還元終了後 リバース・リアクション後にブロム酸6%で5分+5分の酸化

 

      ウェット時               ドライ時

f:id:GOIS:20161124155503j:plain f:id:GOIS:20161125132744j:plain

 

 

 

次が

B

1液 

チオグリコール酸2% システアミン4% PH8.3 アルカリ度2.7ml

 

写真の左側2本が

還元終了後 ブロム酸6%で5分+5分の酸化

 

写真の右側2本が

還元終了後 リバース・リアクション後にブロム酸6%で5分+5分の酸化

  

        ウェット時               ドライ時

f:id:GOIS:20161124234342j:plainf:id:GOIS:20161124234613j:plain

 

 

 この  A と B 2種類のウェーブを

 

それぞれ 5回のシャンプーと5回のストレートアイロンを繰り返して 

 

パーマの持ちを比較実験してみる    

                   f:id:GOIS:20161125214447j:plain

 

       A         B

f:id:GOIS:20161125175927j:plain    f:id:GOIS:20161125180033j:plain

 

 

 

 

 

 A の結果

 

          ウエット時              ドライ時

f:id:GOIS:20161125180837j:plain f:id:GOIS:20161125180955j:plain

写真の左側2本(ブロム酸6%で5分+5分の酸化)

写真の右側2本(リバース・リアクション後にブロム酸6%で5分+5分の酸化)

 

 

左側2本が右側2本よりウェーブダウンしている

 

リバース・リアクションを行っている方が

 

ウェーブダウンはしているが 左側の2本より残っている

 

 

   

 B の結果

       ウエット時               ドライ時

f:id:GOIS:20161125213640j:plain f:id:GOIS:20161125214120j:plain

 

写真の左側2本(ブロム酸6%で5分+5分の酸化)

写真の右側2本(リバース・リアクション後にブロム酸6%で5分+5分の酸化)

 

 

こちらの実験でも同じような結果になった

 

左側2本が右側2本よりウェーブダウンしている

 

リバース・リアクションを行っている方が

 

ウェーブダウンはしているが 左側の2本より残っている

 

 

 

 

チオグリコール酸の還元剤でもシスアミンベースの還元剤でも

 

結果的に リバース・リアクション を行っている方が

 

パーマの持続性がアップした

 

 

 

 

還元剤がチオのミックスジスルフィドには

 

リバース・リアクションが有効だが

 

還元剤がシスアミのミックスの場合は

 

リバース・リアクションが起こりにくいとの言われているので

 

B の方の還元剤についてはもう少し勉強していくとする

 

 

 

 

今回の比較の結果を見ると

 

 リバース・リアクションを行った場合は

 

 SSの再結合率が上がりパーマの持ちが良くなる!

 

 

実は この実験は 

 

うちの店で 実際に営業で使う前に実験した時の結果なんです

 

最初にも書いてますがもともとは店の営業に落とし込む為に

 

この実験をやりたかったんです 良い結果だったので

 

営業でリバース・リアクションを行ってます

 

 

 

関連記事

パーマに今、何が起こっているのか!

 

 

にほんブログ村 美容ブログへ
応援クリック頂くとヒジョ~にガッツさんは喜びます(笑)