読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~あなたの知らない髪の世界~ blog

現場の美容師が語る髪の毛事情 パーマ・カラー・縮毛矯正・ダメージケア・髪にまつわる新常識 髪のプロでしか発信できない髪の知識と情報!

はいはい界面活性剤

本日の ゴイス です

 

シャンプー解析や鑑定などでよく出でくる成分・・・

 

     「 界面活性剤」

    かいめんかっせいざい!

 

 

「このシャンプーの界面活性剤は 石油合成なんで刺激がある」とか

 

「こっちはアミノ酸系の界面活性剤だから マイルドで優しい」だとか・・・

洗濯する時の洗剤や 食器を洗う洗剤も 界面活性剤が入ってます

 

界面活性剤は 油と水を混ぜ合わせるはたらきのある物質なので

 

洗剤以外にもいろいろな場面で使われてる

界面活性剤がなければ シャンプーどころか

 

顔や身体も洗えないし クリームだって 乳液だって使えない

 

生活する上でいろいろなところで使われているものなんです

前にもシャンプーの洗浄成分として取り上げてるけど

       ↓↓↓

シャンプーしようよ! 洗浄成分の種類と働き 

 

今日は 界面活性剤をもう一度簡単に書いときます

 

 

にほんブログ村 美容ブログへ
応援クリックお願いします

 

 

 

界面活性剤は、界面(物質の境の面)に作用して

 

性質を変化させる物質の総称である

 

構造は、1つの分子の中に、水になじみやすい「親水性」と、

 

油になじみやすい「親油性」の2つの部分を持っている

 

この構造が、本来は水と油のように混じり合わない物を


混ぜ合わせる役目をして 汚れを落とす洗浄の働きをするんです・・

?? ??  ?!

 

はいはい   それじゃ~簡単に説明していきますな

 

 

 

      例えば水と油を容器に一緒に入れたとする  

           ⇩ ⇩ ⇩

f:id:GOIS:20161117171730j:plain

 

 

当然 水と油なんで混ざらない

 

比重の重い水が下の方に溜まり軽い油のほうが上に浮く

 

 

 

        そこに 界面活性剤を入れます

             ⇩ ⇩ ⇩

 

 

f:id:GOIS:20161117172624j:plain

 

 

                              するとぉ

      ⇩ ⇩ ⇩

 

 

f:id:GOIS:20161117172807j:plain

 

 

そ~なんです 

 

混ざるはずのない水と油が

 

混ざっちゃいました

どうです わかりやすいでしょ~

もっと 解りやすく


クローズアップして見てみると

 

一個の 界面活性剤ってのは


              こんな感じ~
                ⇩ ⇩ ⇩

f:id:GOIS:20161117175705j:plain

 

界面活性剤分子一つ一つに

 

親水性の部分と親油性の部分があって

親水性の部分には 水がくっ付き


親油性の部分には 油がくっ付く

 

                         こんな感じ

                     ⇩ ⇩ ⇩

f:id:GOIS:20161117180104j:plain

これが 目に見えないぐらい 小~~さな世界で

たくさんの界面活性剤分子と水と油が混ざりあってるってことネ!

代表的な界面活性剤の種類は4つ

 

 アニオン界面活性剤(陰イオン界面活性剤)

f:id:GOIS:20161117180718j:plain

  

        親水性部分が -イオン

        衣料用洗剤
        シャンプー
        ボディソープなどに使用

カチオン界面活性剤(陽イオン界面活性剤)

f:id:GOIS:20161117180939j:plain

         親水性部分が +イオン

         ヘアトリートメント
         ヘアリンス、コンディショナー
         衣料用柔軟剤
         殺菌剤などに使用

両性界面活性剤

f:id:GOIS:20161117181118j:plain

                        親水部分に + と – の両方もっている

                        シャンプー
                        ボディソープ
                        台所洗剤などに使用

ノニオン界面活性剤(非イオン界面活性剤)

f:id:GOIS:20161117191126j:plain

      イオンが無い 

    食品や化粧品などの乳化・可溶化剤
    分散剤 金属加工油などに使用

この水と油を混ぜる 界面活性剤は

 

シャンプーや石鹸だけでなく トリートメントやリンス

 

の乳化剤として使用してる

 

化粧品では ファンデーションやクリーム 乳液も使用されてる

 

口紅 歯磨き粉・・・その他


食品にも多く入ってる

 

生活に無くては困ります

 

水っぽいもんと

 

油っぽいもんを

 

混ぜるために界面活性剤は

 

必要不可欠なんです!

 

f:id:GOIS:20161117180104j:plain

 界面活性剤は水と油を混ぜるもの!

 

そんじゃぁ この界面活性剤が

 

シャンプーの時にどんな仕組みで汚れを落としてくれるのか?・・・ つづく

 

関連記事

シャンプー・トリートメントの本来の目的!

覗いたことありますか?シャンプー解析サイト

熊本県 山鹿市 菊池市 美容室 Red clover