読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~あなたの知らない髪の世界~ blog

現場の美容師が語る髪の毛事情 パーマ・カラー・縮毛矯正・ダメージケア・髪にまつわる新常識 髪のプロでしか発信できない髪の知識と情報!

あなたはシャンプーに何を求めますか?

シャンプー ヘアケア

 

f:id:GOIS:20161112224521p:plain

 

こんばんは、 ゴイス です

 

今日もご訪問 ありがとうございます

 

皆さんも、毎日お使いのシャンプーがあると思いますが

 

頭皮に優しいシャンプーってなんだと思いますか?

 

シャンプーには様々な洗浄成分がありますが

 

洗浄力が強いと汚れや皮脂の油をしっかり取る分

 

頭皮に刺激があります

 

逆に洗浄成分の洗浄力が少なければ(マイルド)であれば

 

頭皮には優しいとされています

 

今はネットでも様々なシャンプーがおすすめされていて

 

情報もたくさん溢れています

 

 

何を信じればいいんですか? 何が正解!

 

 

シャンプーはいろんな成分が複雑に混ざりあって作られています

 

少しの成分量や混ぜる順番が違っただけでも全く別物になったりします

 

メーカーも成分の配合・調合を思考錯誤しながら求めるシャンプーを

 

作りあげてます

 

どんな人にも合う万能シャンプーはありません

 

自分にあったシャンプーを見つける事がとても大切になります

 

じゃあどこを見てえらべばいいの!  と、質問されそうですが

 

 

ここからは ゴイスの独断な考えで書きます 

 

参考にならないと思う方は 完全スルーでいいですよ

 

シャンプーやトリートメントは成分をメインに分析すると洗浄成分が強すぎて

 

肌に刺激がある、又は発ガン性があるなど様々な不確かな情報もあるので

 

見極めて選ぶの難しいと思います

 

最も大事なのは

 

実際使って自分が良いと思うのか? 自分の求める結果になるのか?

 

それしかないです~ (アドバイスになってない)(ゴメン! (T_T) ) 

 

 

いろんなサイトで紹介されているシャンプーは成分分析ばかりで

 

〇〇が入っているから刺激が強いとか

 

〇〇成分が入っているから髪に良いなどの説明書きがありますが

 

使ってみないとそれが自分に合うかどうか解らないですよね

 

なぜならシャンプーは使用されてる成分だけでは判断できず

 

成分の配合量しだいで良くも悪くもなるのです

 

ボトルの裏の成分表で内容成分の確認をしただけでは

 

配合量もわからないし 良いとか悪いとか言えないんです

 

 

シャンプーは半分くらいは水です

 

1番最初に配合量が最も多い成分で水が50,60%ぐらい

 

次が2番目に配合量が多いもの その次が3番目に多く配合されてる成分

 

と、いった感じに配合量の多い順に表示されてます

 

配合量が1%未満の成分は多い順番ではなくランダムに表示されます

 

 だいたい2、3番目に書いてある物が主たるシャンプー洗浄成分となります

 

 

実美容室で販売されるシャンプーも洗浄力が強い成分を使用している事があります

 

洗浄力の高い成分を配合してるのには、理由があります

 

洗い流さないトリートメントやヘアスタイリング剤を

 

使用していることを想定して作ってるんです

 

洗い流さないトリートメントやシャンプー後のトリートメントの多くは

 

髪の毛のパサつきを押さえる為 質感向上の為の

 

コーティング剤が配合されてる物が殆どです

 

そしてスタイリング剤及び 洗い流さないトリートメントを使用し続けると

 

髪の毛にコーティングが蓄積され続けてヘアカラーやパーマの施術時に

 

薬剤浸透の妨げになりやすい

 

また、髪の毛は水に濡れるとキューティクルが開いたり閉じたりして水分調節

 

するのだがそれも妨げになってる可能性はゼロとは言えないだろう

 

コーティングなどの成分が髪の毛に残らないように

 

洗浄力を高める必要があったりするんです

 

シャンプーの目的は本来頭皮、毛髪をきれいに洗浄する事が大前提!

 

自分の髪・肌に合ったシャンプーとトリートメントとの兼ね合いです・・・おわり

 

 

 

シャンプー・トリートメントの本来の目的! 

 

にほんブログ村 美容ブログへ
応援クリックお願いします(^o^)