~あなたの知らない髪の世界~ blog

現場の美容師が語る髪の毛事情 パーマ・カラー・縮毛矯正・ダメージケア・髪にまつわる新常識 髪のプロでしか発信できない髪の知識と情報!

縮毛矯正 美容師選び

 

 

「小さい頃はサラサラな髪だったのに思春期頃からクセ毛に!」

 

「生まれつきクセ毛でストレートヘアーにとっても憧れるです!」

 

「街で見かけるストレートヘアーの子が うらやましくって・・・」

 

 


クセ毛で悩んでる方は、結構いらっしゃいます

 

 どーも   ゴイス  です

 

 

20数年前(ゴイスが美容師なりたて)の頃、プラスチックの板を髪の毛に貼り付けて

 

クセを伸ばすパーマが当時のストレートパーマだった、ワンレングスが多い時代だった

 

のでストレートパーマのお客さんも多かった

 

 

 

 

f:id:GOIS:20161031023651j:plain  f:id:GOIS:20161031023744j:plain

 

 

その後すぐに縮毛矯正という技術が出てきて

 

それまでのストレートパーマとは比べ物にならいぐらいに

 

クセ毛が伸びるのでおのずと、プラスチックの板を使うことはなくなり

 

現在では、ストレートアイロンで伸ばしたり、ブローで伸ばすなどの技法が

主流になっている

 

f:id:GOIS:20161031024103j:plainf:id:GOIS:20161031024226j:plain



ストレートパーマ=縮毛矯正のような認識の方も多いのではないだろうか

 

この縮毛矯正が出てきたことは、クセ毛で悩んでる方には朗報だったと思う



当時 Mr.ハビットと呼ばれる縮毛矯正で 今、主流になってるアイロンでは無く

 

ブローしながらクセを矯正するものだった、髪の毛にもかなりの負担がかかるし

 

ブローも摩擦の問題と微妙な力加減が必要でかなり繊細な技術だった

 

 

その後、縮毛矯正もアイロンで矯正するようになり、ストレートパーマの

 

定番となっていく 

 

それと引き換えに、髪の負担も多く繊細な技術だけに

 

ハイダメージに繋がる失敗・ビビリ毛など問題が出て来るようになる

 

ヘアカラーのダメージも加わり、余計にダメージの危険性がアップし

 

ダメージを誤魔化すために、強固な皮膜でコーティングし艶・手触りを良く見せ

 

ダメージしていないかのように見せるが、皮膜が剥がれるとダメージが進んでいる

 

髪の毛を施術中の摩擦などから保護するために皮膜が必要な場合もあるのだが

 

艶感や手触り重視のコーティングは余計に髪の毛の負担となるでしょう

 

 

縮毛矯正はクセ毛の悩みを和らげてくれる技術ですが、繊細な技術が必要にもなります

 

自分の信頼がおける美容師さんにおまかせする事をおすすめします!

 

 

にほんブログ村 美容ブログへ
ランキング参加中クリック頂くとヒジョーに嬉しいです