読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~あなたの知らない髪の世界~ blog

現場の美容師が語る髪の毛事情 パーマ・カラー・縮毛矯正・ダメージケア・髪にまつわる新常識 髪のプロでしか発信できない髪の知識と情報!

ホームカラーが髪を苦しめる

 

ドラッグストアに並ぶ ホームカラー。

 

商品も多種多様で

 

ダメージレス、髪に優しい、簡単、しっかり染まる  

 

などのキャッチコピーで販売されてますが・・・

 

 

ダメージレスでも、髪に優しくても、どんな栄養成分配合でも

 

ダメージはあります

 

自分のメラニンを削る以上、髪を傷めない理屈は見当たりません

 

しかも自分の頭にカラー剤をムラ無く塗布するのは簡単じゃありません

 

美容師が自分でやっても無理です カラー剤の塗布は簡単じゃないんです

 

こんばんは、本日も ゴイスです

 

前回、ヘアカラーの仕組みとダメージの続きです

 

この記事⇒ 知ってほしい ヘアカラーの仕組みとダメージ! 

 

 

 

 

にほんブログ村 美容ブログへ
一日一回 応援お願いします!(変なとこには飛びません) f:id:GOIS:20161015165748j:plain

 

 

ヘアカラーを行うにあたって、ブリーチ剤(脱色)が髪のダメージに大きく

 

関係していることは理解してもらった思います

 

 

ホームカラーも同じように、髪のメラニンを削って明るくしますので

 

髪への負担は必ずあります 

 

サロンカラーでも、髪の色を明るくする場合は同じ理由で

 

やはり負担がかかります 

 

では、ホームカラーとサロンカラーの違いを見ていきましょう

 

 

 

まずカラー後、2ヵ月の髪の毛は

 

f:id:GOIS:20161026234051j:plain

 

根本は 新しく伸びた(新生部)と

 

毛先は 前回染めた部分(既染部) こんな状態だと思います

 

この状態にヘアカラーをサロン行う場合は

 

新生部にブリーチ作用のあるカラー剤を塗布して

 

既染部の色に合わせて新生部だけを染めるリタッチ と呼ばれる染め方

 

 

新生部はブリーチ作用のあるカラー剤、既染部はブリーチ作用が無いカラー剤で

 

色素の補充だけを行うカラー剤をもちいて染める全体染め があります

 

既染部はブリーチしませんのでこれ以上明るくならず髪にあたえる負担も少ないです

 

 

 

ホームカラーで染める場合は、新生部だけに塗布しようとしても

自分で塗り分けするの至難の技でしょう

そうなると新生部~既染部まで、根本から毛先までカラー剤を伸ばしながら

全体に伸ばして塗布して染めるような状態にでしょう

 

 

ヘアカラー剤を塗る時に全体をダメージレベルに合わせて薬を塗り分けできない

 白髪染めなどは、気になったらマメに染めたりして使用回数が増える

 

その結果こうなります  ↓

 

 

f:id:GOIS:20161027001250j:plain

 

ホームカラーにもブリーチ剤が入ってます 

 

そのカラー剤を新生部だけでなく既染部にまで伸ばすと

f:id:GOIS:20161027001645j:plain

 

残っているメラニン色素をブリーチが更に削ります

 

 

 

すると

 

f:id:GOIS:20161027002123j:plain

メラニン色素が減少して更に明るくなります

 

 

 

同時にホームカラーの色素が発色して染まります

f:id:GOIS:20161027002452j:plain

 

 

しかし、既染部のダメージはブリーチにより進行します

 

ホームカラーでこれを繰り返すと毛先に向けてダメージが3回、4回と重なります

 

 

 

 

f:id:GOIS:20161027004901j:plain

 

 

もう一つ問題なのは、ホームカラーをすると塗りムラができて

 

色ムラだけで無く、ダメージ部分のムラも出てきます

 

根本と毛先のダメージレベルの差が大きくなリ

 

その後の対応がかなり難しいものになります

 

 傷んだ髪の毛は元には戻りません 、メラニン色素も復元出来ません

 

 

ダメージを進ませないことが大切なんです

 

 

 リンク記事もどうぞ

ホームカラー撲滅委員会 縮毛矯正編 その1 

 

ホームカラー撲滅委員会 縮毛矯正編 その2 

 

 

 

にほんブログ村 美容ブログへ
応援クリックお願いします!(変なとこには飛びません) f:id:GOIS:20161015165748j:plain