~あなたの知らない髪の世界~ blog

現場の美容師が語る髪の毛事情 パーマ・カラー・縮毛矯正・ダメージケア・髪にまつわる新常識 髪のプロでしか発信できない髪の知識と情報!

知らないと損する皮膜活用法

こんばんは ゴイスです

 

昨日の被膜ネタの続きです

まずは前回の最後に登場した、うちの実験用のウイッグ 三つ葉ちゃん 

 

f:id:GOIS:20161019165141j:plain

コーティングして、フラッシュ使って艶を強調した写真ですな。

 

フラッシュの影を画像処理で消してあげれば、よくある艶髪ストレートやシャンプーの

宣伝写真の出来上がり!(ウィッグじゃなくモデルさんでね)

 

 

 

>にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
クリック頂くとやる気が増します(笑)

 

まぁ、うちの店で施術する被膜(コーティング)は、数日持つか持たないかの

 

吸着力の弱いもの。髪の現状のダメージの度合いにより

 

施術の負荷を軽減するために使用します。

 

 

ただ、巷の美容室の中には

 

コーティングすることで得られる 艶・手触りを

 

長期間維持できるように強力に化学反応をさせたり


ポリマー等をアイロンで熱吸着させてみたりしてコーティング


するものもあります

 

化粧で例えれば、1ヵ月落ちないファンデーションみたいなもんです

 

また、ホームケアでもシャンプー自体にコーティング剤が混入し

 

コーティングで洗って また上からトリートメントでコーティング

 

持続性を良くするためにブレーキが利かない状態(恐)

 

一般のお客さんは手触りや艶がいいんでダメージが減ったように錯覚してしまう

 

もうこうなると髪の毛は内部の水分コントロールができません

 

実際にはダメージが進み、負のスパイラルに向かいます

「髪が傷むトリートメント?」 -

 

 

 

コーティングが悪いのではなく、コーティングを使う側の美容師次第で、良くも悪くもなるのではないでしょうか?

 

 

 

先輩美容師さんがコーティングについて書かれてますのでどうぞ

 

間違いだらけの 髪のコーティング その1 -

 

間違いだらけの 髪のコーティング その2 -

 

間違いだらけの 髪のコーティング その3 -

 

 にほんブログ村 美容ブログへ
ランキングに参加中クリックお願いします(笑)!f:id:GOIS:20161015165748j:plain