読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~あなたの知らない髪の世界~ blog

現場の美容師が語る髪の毛事情 パーマ・カラー・縮毛矯正・ダメージケア・髪にまつわる新常識 髪のプロでしか発信できない髪の知識と情報!

「髪が傷むトリートメント?」

f:id:GOIS:20161016025244j:plain

  

「 そんなトリートメントで大丈夫か? 」

 

 

 


またまたゴイスです

 

 

 

一般的にトリートメントと言うと

 

「髪の傷みを治す物で、自宅やサロンでやると髪の毛に栄養補給されて健康に戻り

 

ツルツル・ピカピカ・サラサラになるもの」


と思われてますね!

 

 

にほんブログ村 美容ブログへ
ランキングに参加中です、宜しくお願いします f:id:GOIS:20161015165748j:plain



 

 

髪の毛は一度傷んでしまうと絶対に治ることはないんです!

 


大げさな宣伝広告のせいで、治るものだと勘違いさせられてしまっています。

 


          「上質な髪へ」

          「浸透」

          「保湿」

          「補修」

          「改善」

          「植物エキス」

          「天然由来」

          「オーガニック」などなど

 


巷では

まぁ、随分と多機能なシャンプートリートメントが出回り

 

ありとあらゆる 響きの良い単語を並べ

 

商品イメージをアップして  勘違い? 洗脳??

しております

 

 

 

f:id:GOIS:20161016024743p:plain

 

 

 


「 そんなトリートメントで大丈夫か? 」

 

 

髪に良くないトリートメントとは、髪の毛をコーティングして

 

艶を出したり、手触りを良くしたり

 

 

実は美容室で行う「サロントリートメント」も大半が

 

このタイプなんです \(◎o◎)/!(汗)

 

 

 


ヘアトリートメントすれば 髪の傷みが治る! 良くなる!

 


これが一般的な常識だと思う

 


昔は、ゴイスもそう思ってたし

 

トリートメントがお客さんのダメージの悩み解決の一つの手段だと思ってました

 

 

 


しかし事実を知って愕然とした・・・・

 

 

サロントリートメントではほとんどが

 

 

髪に被膜(ひまく)を張るトリートメントが主流で

 

 


この強い被膜を張る事が髪のダメージにつながる原因になってる

 

 


皮膜については、また後日書きマス...

 

 


残念ながらその強い被膜を張るタイプのトリートメントを

 

 

お客さんに勧めている店が多数で

 

 

美容師自身その事実を知らない美容師多くいると思う(自分もそうだった)

 

 


美容師が知らないとゆうことは、そのお客さんもまた事実を知らされていないでしょう

 

 

 

では、そんなヤツをなぜやってんの?

 


簡単明瞭

 

 

ツルツル、ピカピカ、ツヤツヤ、サラサラ、被膜トリートメントの代名詞

 

 

手触り良くなって艶も出て、

 

 

お客さんは「髪が良くなった」と誤解するでしょう

 

 


まるで傷んでいないかのような疑似体験をしてしまう

 

f:id:GOIS:20161016024011j:plain

 

 

 

 


しかし、皮膜が剥がれると、ガサガサ、パサパサ、引っ掛かり、絡みが戻り

 

 

トリートメントする前よりダメージが進んでいる

 

 

毛先をカットして

 

 

またサロントリートメント!  完全な負のスパイラルにはまる

 

 

持続性を高めるためにホームケアも

 

濃厚ポリーマーシヤンプー・トリートメントでバッチリコーティング

 

 「 そんなトリートメントで大丈夫か? 」

 

f:id:GOIS:20161016023919j:plain

 


ツルツル、ピカピカの艶髪や、

髪質改善なんちゃらストレート及びトリーメントなどには

 


      御用心!!

 

 

 

まぁ、トリートメントを完全悪みたいに書いちゃいましたが

 

すべての商品が駄目なわけではなくちゃんとした商品もあります

信頼おける美容師さんに聞いて見てください

 

 

 問題はメーカーによる商品開発が

 

 髪の毛その物のダメージは考えず

 

 

「見た目だけの艶重視の商品開発」になっているのも根本にある

 


美容師もそんなメーカーに踊らされてはダメ

 

 

 

 


皮膜も悪者扱いしたが

 

時と場合によっては、ハイダメージでキューティクルがなくなり

 

 疑似的に被膜を必要とする場合もあるが、

 

ほとんどの方は必要なしでしょう

 

皮膜については、また後日・・・・   つづく         

 

 

にほんブログ村 美容ブログへ
閉じる前に応援クリックお願いします(^o^)! f:id:GOIS:20161015165748j:plain